堂安律

東京五輪世代の堂安がゴールデンボーイの40名リストに選ばれる!

ムバッペ、プリシッチ等と共に…

堂安律現地時間1日、イタリア『トゥットスポルト』紙が主催する「ゴールデンボーイ」賞の40名のノミネート者が発表された。

過去にはポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)やセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)、リオネル・メッシ(バルセロナ)といったスターが受賞してきた若手の登竜門ともいえる同賞。

このノミネートリストに、エールディビジのフローニンゲンでプレーする堂安律が日本人で唯一選ばれている。

既にプレミアリーグで名をはせるフラムのMFライアン・セセニョンや、レアル・マドリーのGKリュカ・ジダンといったスターが落選している中、40名のリストに東京五輪世代の堂安が残ったということは快挙だ。

堂安のほかに選出された主な選手に、前回の受賞者キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)、フィル・フォデン(マンチェスター・シティ)、パトリック・クライファートの息子ユスティン・クライファート(ローマ)等が名を連ねている。

その他、アメリカ代表で10番を背負うクリスティアン・プリシッチ(ボルシア・ドルトムント)や、先日レアル・マドリードのトップチームでデビューしたばかりのヴィニシウス・ジュニオールといった名前もある。

ロシアワールドカップでベストヤングプレイヤー賞を受賞したムバッペが2年連続で受賞することが濃厚とされているが、果たして堂安はどこまで残り続けることができるだろうか。

ちなみに、過去の受賞者一覧は以下の通りとなっている。

2003年-ラファエル・ファン・デル・ファールト
2004年-ウェイン・ルーニー
2005年-リオネル・メッシ
2006年-セスク・ファブレガス
2007年-セルヒオ・アグエロ
2008年-アンデルソン
2009年-アレシャンドレ・パト
2010年-マリオ・バロテッリ
2011年-マリオ・ゲッツェ
2012年-イスコ
2013年-ポール・ポグバ
2014年-ラヒーム・スターリング
2015年-アントニー・マルシャル
2016年-レナト・サンチェス
2017年-キリアン・ムバッペ

投稿者:

tatuo

スポーツ大好きTatuoです!スポーツ全般なんでも関心がありますが、とくにサッカー、テニス、競泳をよく見ます。当ブログでは、そんなスポーツ好きのTatuoが東京オリンピック2020に関連する最新の情報を更新していきます。オリンピック関連ニュース、スタジアム、オリンピックに出場するであろう日本人選手等にスポットを当てていきたいと思います。東京オリンピック開催が待ちきれない!という方といっしょに盛り上げていきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です