東京五輪世代(21歳以下)トップ5のフットボーラーは?

ムバッペ、デンベレ等が選出

衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は、「世界で最も価値の高い東京オリンピック世代(21歳以下)のプレーヤー」を5名発表した。

意外にも、ブンデスリーガのレバークーゼンでプレーする20歳のレフティーがこの中に名を連ねた。ドイツ代表MFカイ・ハヴェルツだ。

彼はブンデスリーガで今シーズン11試合で3得点2アシストをマークしており、推定市場価格は5500万ユーロ(約71億円)にまで登るとされている。

残りの4名はすでに世界最高クラスの知名度を誇るスーパースターたちだ。

まずは、プレミアリーグ・マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード。彼の推定市場価格は6500万ユーロ(約84億円)とされいる。

次に、ラ・リーガ・サンタンデール、バルセロナのフランス代表FWウスマン・デンベレだ。彼の推定市場価格は8000万ユーロ(約103億円)。

次に、マンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエル・ジェズス。彼もウスマン・デンベレと同額の8000万ユーロ(約103億円)。

彼らは21歳という若さながら、既にヨーロッパトップリーグで成熟したプレーを見せている。

ガブリエル・ジェズスにいたっては、ロシアワールドカップでもネイマール(パリ・サンジェルマン)やフィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)等と共に主力としてプレーした。

そして、残すは一人。フランス代表10番でリーグアン・パリ・サンジェルマンに所属するキリアン・ムバッペだ。

その推定市場価格は驚きの1億8000万ユーロ(約232億円)とされている。

ロシアワールドカップではフランス代表の主力としてチームを優勝へと導き、ベストヤングプレイヤー賞も受賞。

今シーズンのリーグアンでも9試合で11得点5アシストととびぬけたスコアをマークしている。東京オリンピックが開催される2年後には、さらにその推定市場価格が跳ね上がっていても何ら不思議ではない…。

投稿者:

tatuo

スポーツ大好きTatuoです!スポーツ全般なんでも関心がありますが、とくにサッカー、テニス、競泳をよく見ます。当ブログでは、そんなスポーツ好きのTatuoが東京オリンピック2020に関連する最新の情報を更新していきます。オリンピック関連ニュース、スタジアム、オリンピックに出場するであろう日本人選手等にスポットを当てていきたいと思います。東京オリンピック開催が待ちきれない!という方といっしょに盛り上げていきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です