本田圭佑

「凱旋試合」でゴールの本田 やはり東京五輪出場が目標?

五輪出場を目指して孤軍奮闘の本田

本田圭佑現地時間12日、AFCチャンピオンズリーググループステージ第二節が行われ、本田圭佑が所属するメルボルン・ビクトリーがサンフレッチェ広島と対戦した。

元スウェーデン代表のオラ トイボネン、元オーストラリア代表のジェームズ トロイージ、エースのコスタ バーバルーゼス等とともにこの日も先発のピッチに立った本田圭佑。

2008年に海外移籍して以来初となるJリーグチームとの対戦となった。

そんな大一番で、1点ビハインドの中同点ゴールを決めた本田。

最終的にサンフレッチェ広島が2-1で勝利したものの、日本の「凱旋試合」で随一の存在感を放った。

試合後本田は、Jリーグの現状についてコメントしている。

「これだけを見ても全部はわからない。最近はイニエスタがきたんでたまにヴィッセルの試合見るが、やっぱり俺がいたときからあまりスタイルは変わっていない。相手の嫌なことをするディフェンスとか、戦術的に成熟していない印象が強い」と持論を展開。

加えて、Jリーグでのプレーが成長の妨げになるということで、若手の積極的な海外移籍を促した。

また、2022年に開催される東京オリンピックに、オーバーエイジ枠で参戦することを目標に掲げている本田だが、同大会についてはこのようにコメント。

「怪我なくやれれば絶対に出られると思っている。それだけじゃなくメダルを取りにいけるプロジェクトで動いていける」

2008年北京オリンピック以来となる14年ぶりの大舞台参戦に自信を覗かせた。

現実的に、A代表からも退いている本田が東京オリンピックに出場するとなれば、ヨーロッパの海外勢以上に派手な結果を示す必要がある。

アジアチャンピオンズリーグでは2連敗を喫して早くも敗退危機に追いやられているメルボルン・ビクトリーだが、そんなチームを救い、オーバーエイジ3枠に食い込むことができるだろうか…?

東京オリンピック開幕まで500日を切ったが、あらゆる意味で本田圭佑の今後の活躍に目が離せない。

投稿者:

tatuo

スポーツ大好きTatuoです!スポーツ全般なんでも関心がありますが、とくにサッカー、テニス、競泳をよく見ます。当ブログでは、そんなスポーツ好きのTatuoが東京オリンピック2020に関連する最新の情報を更新していきます。オリンピック関連ニュース、スタジアム、オリンピックに出場するであろう日本人選手等にスポットを当てていきたいと思います。東京オリンピック開催が待ちきれない!という方といっしょに盛り上げていきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です