ムバッペ

世界の「東京五輪世代選手」の面々が凄すぎる

フランス人アタッカーが1,2フィニッシュ

ムバッペ現地時間30日、ポータルサイト『Transfermarkt』は、23歳以下の全フットボーラー、いわゆる「東京オリンピック世代選手」の市場価格ランキングを発表した。

日本人では、堂安律(フローニンゲン)や久保建英(FC東京)等がこのカテゴリーとなるが、「世界ランキング」にはそうそうたる面々が名を連ねた。

もはや言わずもがなだが、パリ・サンジェルマンのキリアン・ムバッペが2億ユーロ(約250億円)で首位。

2位にはバルセロナのウスマン・デンベレが1億2,000万ユーロ(約150億円)でランクインし、フランス人アタッカーが1,2位を独占する格好となった。

続いて3位にはトッテナム・ホットスパーのデレ・アリと、マンチェスター・シティのレロイ・サネが1億ユーロ(約125億円)で並んでいる。

そんな『Transfermarkt』が発表した「東京オリンピック世代選手」の市場価格ランキングトップ10は以下の通り!

1. キリアン・エムバペ (PSG) 2億ユーロ(約250億円)

2. ウスマン・デンベレ (FCバルセロナ) 1億2,000万ユーロ(約150億円)

3. デレ・アリ (トッテナム) 1億ユーロ(約125億円)
3. レロイ・サネ (マンチェスター・シティ) 1億ユーロ(約125億円)

5. ジェイドン・サンチョ (ボルシア・ドルトムント) 8,000万ユーロ(約100億円)
5. マーカス・ラッシュフォード (マンチェスター・ユナイテッド) 8,000万ユーロ(約100億円)
5. マルコ・アセンシオ (レアル・マドリー) 8,000万ユーロ(約100億円)

8. フレンキー・デ・ヨング (アヤックス) 7,500万ユーロ(約94億円)

9. ヴィニシウス・ジュニオール (レアル・マドリー) 7,000万ユーロ(約87億円)
9. マタイス・デ・リフト (アヤックス) 7,000万ユーロ(約87億円)

投稿者:

tatuo

スポーツ大好きTatuoです!スポーツ全般なんでも関心がありますが、とくにサッカー、テニス、競泳をよく見ます。当ブログでは、そんなスポーツ好きのTatuoが東京オリンピック2020に関連する最新の情報を更新していきます。オリンピック関連ニュース、スタジアム、オリンピックに出場するであろう日本人選手等にスポットを当てていきたいと思います。東京オリンピック開催が待ちきれない!という方といっしょに盛り上げていきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です