錦織圭

ウィンブルドン8強進出の錦織が7位キープ!【ATPランキング】

錦織とチチパスのポイント差は肉薄に

錦織圭現地時間15日、男子テニス協会は最新のATP世界ランキングを発表した。

14日に幕を閉じた「ウィンブルドン」で、二大会連続準々決勝まで勝ち進んだ錦織圭は、ポイントの増減はなく4,040ポイントで7位をキープした。

一方で、錦織より順位が上のステファノス・チチパス(ギリシャ)、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がまさかの初戦敗退を喫して、ポイントを減少させた。

これにより、錦織とチチパスのポイント差はわずか「5」となり、錦織のトップ6浮上も目前に迫っている。

その他、カレン・ハチャノフ(ロシア)が8位、ファビオ・フォニーニ(イタリア)が9位、ダニール・メドベージェフ(ロシア)にそれぞれ浮上。

ウィンブルドンで好成績を収めたことで彼ら3人はキャリアハイを更新した。

ウィンブルドンを制覇したノバク・ジョコビッチ(セルビア)はポイント、順位ともに変動なしで首位をキープしている。

そんな7月15日付の男子ATP世界ランキング トップ10は以下の通り!

▽1位[ – ]-N・ジョコビッチ(セルビア)
12,415ポイント(12,415ポイント)

▽2位[ – ]-R・ナダル(スペイン)
7,945ポイント(7,945ポイント)

▽3位[ – ]-R・フェデラー(スイス)
7,460ポイント(6,620ポイント)

▽4位[ – ]-D・ティーム(オーストリア)
4,595ポイント(4,595ポイント)

▽5位[ – ]-A・ズベレフ(ドイツ)
4,325ポイント(4,405ポイント)

▽6位[ – ]-S・チチパス(ギリシャ)
4,045ポイント(4,215ポイント)

▽7位[ – ]-錦織圭
4,040ポイント(4,040ポイント)

▽8位[ ↑1 ]-K・ハチャノフ(ロシア)
2,980ポイント(2,980ポイント)

▽9位[ ↑1 ]-F・フォニーニ(イタリア)
2,785ポイント(2,785ポイント)

▽10位[ ↑3 ]-D・メドヴェデフ(ロシア)
2,625ポイント(2,625ポイント)

投稿者:

tatuo

スポーツ大好きTatuoです!スポーツ全般なんでも関心がありますが、とくにサッカー、テニス、競泳をよく見ます。当ブログでは、そんなスポーツ好きのTatuoが東京オリンピック2020に関連する最新の情報を更新していきます。オリンピック関連ニュース、スタジアム、オリンピックに出場するであろう日本人選手等にスポットを当てていきたいと思います。東京オリンピック開催が待ちきれない!という方といっしょに盛り上げていきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です