1年で最も市場価値が上昇したラ・リーガの選手をピックアップ!

サッカー選手の市場価値とは日々変動するもの。

では、2020年に最も市場価値が上昇したラ・リーガの選手は誰なのか?

ここでは、移籍情報サイト『transfermarkt』のデータを元に、1年で最も市場価値が上昇したラ・リーガの選手をピックアップしていきます!

3位:パウ・トーレス(ビジャレアル/スペイン/DF/23歳)

2020年、ラ・リーガで3番目に市場価値が上昇したのは、久保建英の元レンタル先でもあるビジャレアル所属の『パウ・トーレス』です。

最新の市場価値は「5,000ユーロ(約63億円)」、上昇額は「3,500万ユーロ(約44億円)」となりました。

パウ・トーレスは、2017年11月にラ・リーガでトップチームデビュー。

2018年にマラガへレンタルに出されると、すぐに頭角を現しレギュラーに定着することに成功、プロ初ゴールも記録しました。

その後、2019-20シーズンからビジャレアルに復帰すると快速センターバックとして実力を発揮、長身というストロングポイントも十分に活かし、ラ・リーガでも屈指のDFへと成長を遂げました。

また、現在はスペイン代表でもレギュラーに定着しており、カタールワールドカップやユーロ2020でも活躍を期待されている選手となっています。

2位:アンス・ファティ(バルセロナ/スペイン/FW/18歳)

2020年、ラ・リーガで2番目に市場価値が上昇したのは、バルセロナに所属する『アンス・ファティ』です。

最新の市場価値は「8,000万ユーロ(約101億円)」、上昇額は「4,000万ユーロ(約51億円)」にものぼりました。

ファティは、バルセロナ史上最年少(16歳304日)での初得点や、スペイン代表での最年少ゴール(17歳と311日)など、数々の記録を塗り替え周囲を驚かせた逸材です。

現在は、残念ながら左ひざの手術で長期離脱を余儀なくされていますが、市場価値では既にジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリード/1億ユーロ)や、ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード/9000万ユーロ)に次いでリーガで3番目に高い選手となっています。

1位:ペドリ(バルセロナ/スペイン/MF/18歳)

2020年、ラ・リーガで最も市場価値が上昇したのは、バルセロナに所属する『ペドリ』です。

その最新市場価値は「5,000万ユーロ(約63億円)」にのぼり、上昇額は「4,200万ユーロ(約53億円)」と同僚であるアンス・ファティをもしのぐ数字となっています。

イニエスタと比較されるペドリはメッシとの相性も抜群であり、今後もバルセロナで主力としての活躍が期待されています。

2021年はサッカーファンにどのようなプレーを見せてくれるのか、要チェックです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です