東京オリンピックの最新ニュースまとめ

新型コロナウイルスの影響で、一時期は開催すら危ぶまれていた東京オリンピック。一年の延期で決着しましたが、まだまだ問題は山積みです。

この記事では、そんな東京オリンピックに関する2点の最新ニュースをピックアップしていきます。

東京オリンピック「オリンピックファミリー」のサービス見直しなどの経費削減

東京オリンピック開催に当たり、非常に重要となるのが「予算の問題」です。

延期による追加経費じゃ「数千億円」にのぼるともいわれており、如何に経費を削減できるかがこれまでで焦点となってきました。

25日まで開かれた東京オリンピックのIOC(国際オリンピック委員会)の調整委員会では、新型コロナウイルス対策として、選手や関係者の入国管理や、選手村や競技会場での予防など基本的な方針をIOCに報告し、無事理解を得ることとができたようです。

また、大会の簡素化を52の項目で進めることも合意されました。

この簡素化の項目の中には、たとえば以下のようなものがあります。

・大会関係者の削減(想定していたのは5万人程度でしたが、そこから10%~15%ほど減らす見通し)

・IOC関係者などの大会主催者である、いわゆる「オリンピックファミリー」へ提供するサービスの見直し

・競技会場の装飾の削減(現時点では30%~40%を想定)

組織委員会は今後、今回の簡素化で削減できる金額を算出し、来月上旬のIOCの理事会で報告する見通しです。

陰性証明などの条件に1万人の受け入れを検討

9月23日に政府、東京都、大会組織委員会による2回目の調整会議が示されました。

素案によれば、来夏の東京五輪・パラリンピック開催に向け、新型コロナウイルスの陰性証明や日本国内での行動計画書の提出などを条件とし、海外から約1万人の選手を受け入れる方向で検討していること。

また、入国後は原則2週間の待機(隔離措置)も免除され、選手が試合や練習に参加できるよう調整されているようです。

入国と行動までの流れは、まず海外の選手は、出国前の72時間以内に検査を受け陰性証明を取得し、その後来日。

入国直後に空港で再検査を実施し、問題がなければ事前に提出した行動計画書に沿って行動するという流れとなります。(基本的に、国内での移動は組織委が専用車を準備、公共交通機関の利用は原則控えてもらうようです)

ただし、この受け入れ案はまだまだ問題が山積みのようで、まず、コロナウイルスの検査については、国によって精度や信頼性が異なる可能性があり、国内ではどんな検査を、どの程度の頻度で実施すべきかを検討する必要がありそうです。

また、行動計画書についても、罰則等がなければその通りに行動しない可能性もあり、それがきっかけで陽性者を出してしまうリスクも考えられます。

どの程度の強制力を持たせるかも、今後の課題となるでしょう。

 

 

東京オリンピックのバスケに大打撃!?NBAスター選手が不在となる可能性

新型コロナウイルスの影響で、1年後に延期された東京オリンピック

そのオリンピック競技の中でも人気の高いバスケットボールに、NBA選手が不在となる可能性が浮上しているため、ここではその詳細についてピックアップしていきます。

新型コロナでずれ込むNBAシーズン

本来、オリンピックのバスケットボール競技には意欲的に参加するNBA選手が多いです。

現に、ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)やレブロン・ジェームス(ロサンゼルス・レイカーズ)は既に、参加に前向きなコメントを出していました。

しかし、世界中が新型コロナウイルスという未曽有のパンデミックに見舞われ、そしてNBA全体にも大きな影響を与え、状況が一変しました。

まず、現在NBAではプレーオフ第一回戦が行われていますが、本来ならば既にファイナルも終了している時期であり、往来のスケジュールよりも大幅にずれ込んでいることがわかります。

今現在進行しているスケジュールは最長で10月13日までNBAファイナルを戦うという内容であるため、このままいけば、来期のプレーオフと東京オリンピックの日程が被ってしまう可能性があるのです。

NBAスケジュールを優先するNBA選手

基本的に、NBA選手はオリンピックという舞台よりもNBAのスケジュールを優先します。

これは、決してオリンピックをないがしろにしているわけではなく、そもそも、通常ならばそれぞれの団体も日程が被らないように工夫しているのです。

しかし、新型コロナウイルスの影響で様々なずれ込みが発生し、その結果多くのNBA選手が東京オリンピックへの出場を辞退する可能性が浮上しています。

バスケットファンの中には、「アメリカ代表を一目見たい」と東京オリンピックのチケットを購入した方も沢山いらっしゃるでしょう。

実際にNBA選手が来日しないとなった場合は、非常に残念でなりません。

NBAもスケジュールの前倒しを検討

NBAも選手と同様、東京オリンピックに選手を出場させることには非常に前向きです。

その証拠に、NBAではスケジュールを前倒しにし、来季の開幕を早め、12月に開幕して7月中旬に来シーズンを終えることが検討されています。

このようなスケジュールを組むことで、選手は東京オリンピックへの参加が可能となり、さらには、NFL(フットボール)の開幕と重ならないというNBAにとってのメリットも生まれるためです。

ただし、現在オリンピック出場が決定しているのは12か国のうち8か国のみであり、残りの4か国については最終予選(OQT)で勝ち上がる必要があります。

このOQTにはセルビアやギリシャ、カナダなどが出場予定であり、NBAの前倒しスケジュールになると、今度はOQTにNBAの有力選手が出場できなくなってしまう可能性があるのです。

東京オリンピックの開催予定日まで1年を切りましたが、多くのバスケットボールファンのためにも、是非とも東京オリンピックにNBA選手が出場できるような環境を作って頂きたいところです。

東京オリンピックの経済効果や新型コロナでの経済損失を徹底解説

昔から、オリンピックの経済効果は絶大といわれています。各国が躍起になって開催国を目指すのもそれが大きな理由です。

そして、延期にはなりましたが、このままいけば来年には東京オリンピックが開催されます。

ここでは、そんな東京オリンピックの経済効果などの情報をピックアップしていきます。

東京オリンピックの経済効果

東京都は、2017年に東京オリンピックによる経済効果を試算し公表しました。
その情報によりますと、東京オリンピック招致が決まった2013年から大会が終了した10年後の2030年までの18年間で、経済効果は「約32兆円」にものぼることが公表されました。
また、この約32兆円の内訳は、13年から20年までの8年間で21兆円、21年から30年までの10年間で11兆円となっており、大会が終了してからも大きな経済効果があると見込まれています。
しかも、この32兆円のうち東京への経済効果は6割程度であり、残りの4割はほかの全国の地域での経済効果です。
正に、オリンピックが国全体の経済を潤わせる大会であることが伺えます。

付随効果が絶大なオリンピック

実は、オリンピックは競技会場の整備など大会開催のための直接的投資よりも、訪日外国人観光客の増加などの付随効果のほうが圧倒的に高くなっています。

東京オリンピックの場合、直接的な経済効果は2兆円程度ですが、インフラ整備やインバウンド対応などによる付随効果は28兆円にものぼると試算されているのです。

また、雇用ニーズの向上や地方の民泊利用者の増加、消費活動の活発化など、様々な相乗効果にも期待できます。

新型コロナウイルスの経済損失は約6408億円!?

東京オリンピックは素晴らしい経済効果に期待できると前述しましたが、今回未曽有のパンデミックを生んだ新型コロナウイルスによる経済損失も全く計り知れません。

関西大学の宮本勝浩名誉教授が試算した新型コロナウイルスによって東京オリンピックが1年延期となった場合の経済損失は、「約6408億円」にものぼると公表されました。

しかも、これはあくまで延期となったケースの試算でであり、万が一中止となった場合には「約4兆5151億円」もの経済損失が発生すると試算されています。

ただでも新型コロナウイルスによって多くの会社が倒産し、国も財源を使いまくっているというのに、約4兆5151億円もの経済損失が発生してしまった場合のダメージは計り知れないものがあるでしょう。

そのような事態を招かないためにも、まずは無事来年に東京オリンピックが開催されることを期待したいところです。

東京オリンピックは開催できる?中止や再延期の可能性を徹底解説

2021に延期となった東京オリンピック

しかし、新型コロナウイルスの終息は見えず、このまま無事来年に開催できるのかは疑問が残るところです。

ここでは、東京オリンピックの中止や再延期の可能性を徹底解説していきます。

オリンピックの現行再開時期は?

オリンピックの現行再開時期は「2021年7月23日(金)~8月8日(日)」となっています。(パラリンピックは8月24日~9月5日)

オリンピック、パラリンピック共にもともとの日程と同じ曜日の開催であり、また日付は1日早くなった形となります。

これらの再開時期は、東京2020組織委員会の森喜朗会長が、選手の選考期間や予選、準備などの期間を考慮し、また、輸送やボランティア、そしてチケットホルダーにとって最も望ましい夏休み期間を国際オリンピック委員会(IOC)提案し、決定されました。

開催のための課題は?

1年延期になった東京オリンピックですが、開催するための課題は非常に多いです。

まず、第一に予算の問題があります。

東京オリンピックが延期になったことで、「約3,000億円~6,000億円」の追加費用が必要となることが試算されました。

1年しか猶予がない中、これらの予算をどのように捻出するかが問題となります。

その他にも、会場の確保、選手選考、物流の問題などと課題は多いですが、東京オリンピックを開催するためには、これらの問題を1年で解決していく必要があります。

これまでの歴史上5回中止になってきたオリンピック

今回、残念ながら延期となってしまった東京オリンピックですが、実は、オリンピックの歴史上延期となったのは史上初であり、その反面、中止となった回数は夏冬合わせて5回にものぼります。

しかも、5回中、2回は日本で開催される予定だった大会です。

第一次世界大戦や、第二次世界大戦など、中止となったのはいずれも戦争が理由ですが、新型コロナウイルスという未曽有の危機にあり、また課題が山積みという悪条件もそろっている中、オリンピック史上6回目の中止(しかも、半分は日本)という結末になる可能性は決して低くはないかもしれません。

2021年開催が無理なら東京オリンピックは中止の見通し

5月20日に英BBCのインタビューにて、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は、2021年開催が無理になった場合は中止とする見通しを示しています。

そもそも、オリンピックのためとはいえ3千人や5千人も雇用を続けることは困難であり、また、安倍晋三首相も「2021年開催が最後のオプション」とトーマス・バッハ会長へ明かしているようです。

いずれにしても、2021年が東京オリンピックを開催する最後のチャンスでしょう。

オリンピックというスポーツの祭典を楽しみにしている世界中のファンの方のために、また、4年に一度のオリンピックのためにひたすら努力を続けているアスリートの方々のためにも、東京オリンピックが無事に開催されることを願いたいところです。

 

 

東京オリンピックのサッカー金メダル予想

残念ながら、新型コロナウイルスの影響で東京オリンピックは延期されてしまいましたが、サッカー好きからすればオリンピックは一大イベントであり、楽しみなのは変わりありません。

ここではそんなサッカーファンのために、東京オリンピックの競技、サッカーで金メダルを獲得する可能性高い国を徹底解説していきます。

オリンピックにおける欧州勢の成績はいまいち

世界サッカーといえば、欧州5大リーグ(リーガ・エスパニョーラ、プレミアリーグ、ブンデスリーガ、セリエA、リーグ・アン)というイメージを持つ方も多いはず。

それほど世界サッカーにおいて、欧州勢の力は圧倒的であり、ワールドカップなどで飛びぬけた成績を収めてきました。

しかし、ことオリンピックにおいては、その力はなりを秘めています。

事実、オリンピックで欧州勢が優勝したのは、1992年バルセロナ五輪でのスペインが最後になります。

そもそも、欧州ではオリンピック予選すら実施しておらず、また欧州クラブに所属する有力選手のオリンピック参加は所属チームの許可が必要であることから、「欧州はオリンピックを軽視しているのでは?」と囁かれているほどです。

よって今回の東京オリンピックも、多数のメディアが欧州勢以外の国が優勝することを予想しています。

優勝国筆頭はブラジル

ブラジルは、東京オリンピック南米予選で、辛くも2位で五輪行きを決めています。

しかし実は、その予選はヨーロッパのシーズン中に行われたため、23名の登録メンバーのうち欧州組は8名しかいなかったのです。

それにひきかえ、本選ではメンバーのほとんどがヨーロッパ組になる可能性もあります。

特に前線は、「ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)」「ロドリゴ(レアル・マドリード)」「ガブリエウ・マルチネッリ(アーセナル)」「マウコム(ゼニト)」など、大変強力なタレントが揃っているのです。

また、ブラジルの至宝、「ネイマール(パリ・サンジェルマン)」も、3大会連続のオリンピック出場を希望しているとの報道もあり、まさに盤石の布陣、金メダル候補筆頭であるといえるでしょう。

金メダルも十分に狙える日本‼

今回、日本はホームという大きなアドバンテージを持っており、また「久保健英(レアル・マドリード)」や「阿部裕揆(FCバルセロナ)」などを筆頭に、世界でも活躍できる逸材が十分にそろっているため、金メダルを十分に狙える位置にいるかと思われます。

しかし、世界トップクラスの選手と比較すると見劣り感は否めず、容易な道ではないのは間違いありません。

ですので、少しでも選手の力になれるよう力いっぱい応援し、自国開催である東京オリンピックを盛り上げていきたいところです‼